HOME  >  アルバム  >  ITC(川口)[2018.07.04]

日常の風景

タイへ出発 (担当:川口)

2018年 7.4

タイ到着編

 海外への期待と、発表,台風という不安を抱え宿を出発。幸いにも雨は止み、土砂降りの中傘とキャリーバックで向かうことにならずに済みました。航空会社も便の遅れを予測できないため、元予定通りの朝7時に福岡空港に到着。チェックインを行うと、2時間遅れるが出発・乗り継ぎ共に問題ないとの連絡が!不安の種は1つ消えました。そのまま昼食を食べて、経由先の上海へ出発です。離陸前の加速は未だにテンション上がりますね。

 そして上海乗り継ぎ。彼ら独特の癖のある英語と、まるで怒っているかの対応に気圧されながらも入出国手続きです。機械式の入国手続きに、同じく四苦八苦する日本人と協力して突破したり、日本よりも厳しい荷物検査を受けたりしました。

 いよいよタイに到着です。入国の際には原添さん持参のタイガイドブックが大いに参考になりました。できる男です。地下鉄を乗り継ぎ、宿へ向かい、松野先生と合流して現地のレストラン?へ。現地の“辛さ”の洗礼を受け、タイに来た実感を味わいました。

 夜、我々野郎6人に対して宿の部屋がツイン・キング・キング。ツインをかけた壮絶なじゃんけん大会が...なんてこともありましたが、明日は下見がてら大学に向かう予定を立てて無事今日はおしまいです。

 

 

心配だった雨もやんで、順調な滑り出しです

福岡空港到着!さて、台風はどう響くのか...

空港エスカレータ

最後の日本食(コンビニ飯)

便変更の詳細用紙。数時間遅れるものの、予定日には到着できそうです。

機内食レビュー:★★★☆☆

アルコール香る薄味の焼うどん。美味しい部類だと知るのは少し後 。

上海に到着、タイへ乗り継ぎます。

来ました!選択問題、Beef or Fish。

こっちはアタリのFish。甘辛のタレで意外と美味:原添談

ハズレのBeef:☆☆☆☆☆

ボソボソの肉と“粉落とし”レベルの麺。なんだったんだこれ。

緑豆爽?:★☆☆☆☆

甘さゼロの冷めたおしるこ

外は快晴

タイ上空

到着も間近です。

到着、一安心です。

スワンナプーム空港。ここは日本とあまり変わりません。

掲示板ももちろんタイ語(なんですが、圧縮しすぎて見えないかも)

地下鉄に乗り、大学近くの宿まで移動。切符はコレ、タッチで入場して、出るときに改札へ投入します。

タクシーのキャッチに捕まる天満さん。観光客と丸わかりなのか、この後もどんどん声をかけられます。

地下鉄のホーム

タイ名物、無意味なゲート

ブザー鳴りっぱなしで監視員も居るだけ

地上へ!なぜかタイと日本の国旗が。

トゥクトゥク 

夜は歩道に店が並び、活気にあふれています。

先生と合流してチェックイン。全体的に良いところでしたが、紙を流せないトイレには苦戦しました。

そして初のタイ料理

さかな

飲む神山君

トムヤンクンと豆料理(?)辛い!ごちそうさまでした。

探検がてらハーゲンダッツをたべて、タイ初日は終了です。

 

前
ITC(岩政)[2018.07.03]
カテゴリートップ
日常の風景
次
ITC(天満)[2018.07.05]

メニュー