HOME  >  研究業績  >  修士論文

修士論文

 

平成24(2012)年3月修了

村上 祐樹 シグナル伝達経路ペトリネットモデルの構造情報に基づくトークン滞留なし条件の検討
山口 博之 ベイジアン方式と機械学習の併用によるスパムメールフィルタリング

 

平成23(2011)年3月修了

劉  雄 端末間干渉範囲を考慮した時分割スロット割当による
媒体アクセス制御方式の提案と評価

 

平成22(2010)年度3月修了

大瀧 龍 被災情報の効果的共有のための避難所間ネットワーク構築アルゴリズムとその評価
 角 朝香 ヘッダ情報と本文情報を用いた機械学習による
スパムメールフィルタリング手法の開発と評価
宮本 賢志 プロモータ転写調節による時計遺伝子発現の位相決定プロセスのシミュレーション
三輪 良雅 構造情報に基づくシグナル伝達経路ペトリネットモデルの遅延時間決定手法の提案
山本屋 智章 網羅的定量データに基づいた大腸菌中心代謝経路のシミュレーション解析

  

平成21(2009)年3月修了

池上 雄人 大腸菌シミュレーションに向けた酵素発現変動の
パスウェイ別クラスタリングと数理モデル作成
樋岡 幹司 シグナル伝達経路のペトリネット表現に基づく
反応パラメータ条件式導出アルゴリズムの提案
松井 明生 哺乳類概日リズム機構における
インターロックフィードバックループ有効性のシミュレーションによる検証

 

平成20(2008)年3月修了

坂本 佳那恵 被災情報伝達のための
無線LANフィールド実験と避難所間ネットワーク構築アルゴリズム
三藤 なつみ シミュレーションによるマウス時計遺伝子フィードバックループの相補的働きの検証
宮川 千種 機械学習を用いたアポトーシス過程における機能タンパク質の特徴抽出

 

平成19(2007)年3月修了

岡田 諒 機械学習によるタンパク質N-ミリストイル化規則の予測
川崎 将和 二進指数バックオフにおける送信機会不均等状態の改善に関する研究
佐藤 正行 モバイルエージェント再送機能に関する論理式の導出と評価

 

平成18(2006)年3月修了

河本 麻衣 IEEE802.11DCFにおける端末間の送信機会公平化に関する研究
鈴木 俊一 ペトリネットに基づくシグナル伝達経路の構造表現

  

平成17(2005)年3月修了

亀川 誠 自律的無線ネットワークによる被災情報提供システム

 

平成16(2004)年3月修了

平川 忠之 IEEE802.11DCFにおけるRTS/CTS機構の性能評価
藤田 祥恵 細胞周期のハイブリッド関数ペトリネットモデルと細胞分裂シミュレーションへの展開

 

平成14(2002)年3月修了

浦上 美佐子 モバイルエージェント導入の評価基準〜生存時間とターゲット存在確率の影響〜
重安 哲也 パケット無線ネットワークの疎密さと隠れステーション数の関係
土井 淳 ハイブリッド関数ペトリネットによる生物システムのモデリングとシミュレーション

 

平成13(2001)年3月修了

石中 秀幸 MACAプロトコルの性能評価
中園 早苗 機械学習によるMEDILINEアブストラクト収集システムの構築と評価

 

平成12(2000)年3月修了

臼坂 慎一 機械学習を用いた大規模文献データベースからの効率的情報検索法
有伸 明彦 パケット無線ネットワークにおける資源割り当て問題に関する理論的考察

 

平成11(1999)年3月修了

 南 拓也 パケット無線ネットワークにおける並行送信計画アルゴリズムとその応用
和田 信明 遺伝子制御ネットワーク作成のための知的支援システムとペトリネットによる
遺伝子制御ネットワークの表現

 

 


メニュー