HOME  >  研究業績  >  学会発表論文(研究内容別)

学会発表論文

 

発表種別 / 研究内容別

被災情報システム / バイオインフォマティクス / 電子メールフィルタリング
無線ネットワーク構築技術/ 言語系統データ解析 / モバイルエージェント開発

被災情報システム------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

黒島理礼、吉木大司、森信彰、松本佳昭、亀川誠、藤川昌浩、松野浩嗣、地域コミュニティ活動と連携した被災情報提供システムの開発、情報処理学会研究報告、Vol.2013-DPS-155, No.7, pp.37-42, 2013.

黒島理礼、村本祥吾、渡邉貴弓、浦上美佐子、松野浩嗣、被災情報共有無線ネットワークの平常時利用:適応的観光ルート推薦手法の提案と有用性確認実験、電子情報通信学会技術研究報告、SIS2012-64, pp.103-108, 2013.

森信彰、吉木大司、松本佳昭、亀川誠、藤川昌浩、黒島理礼、浦上美佐子、松野浩嗣、タブレットPCと自律的無線網による被災情報共有システムの開発、2013年電子情報通信学会総合大会(岐阜市)(2013年3月19日〜22日)

吉木大司、松本佳昭、森信彰、藤川昌浩、亀川誠、松野浩嗣、災害時にも利用できる生活支援システムの開発、生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会(名古屋市) GS1-4-9、(2012年11月2日〜4日)

松本佳昭、吉木大司、森信彰、藤川昌浩、亀川誠、松野浩嗣、災害時に避難者を支援するためのRFIDシステムの開発、日本機械学会 2012年度年次大会(金沢市)S163015、(2012年9月9日〜12日)

松本佳昭、吉木大司、森信彰、藤川昌浩、亀川誠、松野浩嗣、災害時に避難者の安否を確認するためのRFIDシステムの開発、2012年電子情報通信学会総合大会、2012年3月20〜23日、岡山市、2012. 

亀川誠、藤川昌浩、松本佳昭、吉木大司、森信彰、村上ひとみ、松野浩嗣、予測可能な災害に対する正確な防災情報を即時伝達するシステムの開発、情報処理学会第74回全国大会、災害時通信セッション1E-4、名古屋市、2012年3月6日、2012.

藤川昌浩、亀川誠、松本佳昭、吉木大司、森信彰、松野浩嗣、災害発生時に防災システムの効果を最大限に高めるための地域コミュニティシステムの開発、情報処理学会第74回全国大会、災害時通信セッション1E-3、名古屋市、2012年3月6日、2012.

松野浩嗣、重安哲也、片平翔太、森岡仁志、被災エリアにおけるコミュニティ情報共有のためのIEEE802.11無線ネットワークの構築、情報処理学会第74回全国大会、災害時通信セッション1E-2、名古屋市、2012年3月6日、2012. 

藤川昌浩、亀川誠、浦上美佐子、松本佳昭、吉木大司、森信彰、松野浩嗣、汎用無線技術を用いた被災情報提供システムの構築〜住民参加による避難訓練での実証実験報告〜、情報処理学会第20回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ、pp.110-111、2012.

Tetsuya Shigeyasu, Shota Katahira, Hitoshi Morioka, Hiroshi Matsuno, Construction of IEEE802.11-based wireless network for community information sharing in a disaster-affected area, Proc. 26th International Conference on Advanced Information Networking and Application Workshops, pp.1037-1042, IEEE Computer Society, 2012.

竹川恭平,重安哲也,松野浩嗣,被災情報提供システム用屋外無線ネットワークの平常時における利用に関する一検討〜観光情報システム用ネットワークとしての利活用〜,平成23年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.125-126, 2011.

片平翔太,重安哲也,松野浩嗣,独自構築するマルチホップ無線ネットワークによる被災情報提供システム,平成23年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.123-124, 2011.

Misako Urakami, Satoshi Innami, Makoto Kamegawa, Tetsuya Shigeyasu, Hiroshi Matsuno, Wireless Distributed Network System for Relief Activities after Disasters - Improvement of ANPI and ADES-Plus Systems -, Int. J. Space-Based and Situated Computing, Vol.1, No.4, pp.233-243, 2011.

大瀧龍、重安哲也、浦上美佐子、松野浩嗣、自律的無線ネットワークを用いた被災情報提供システム〜被災地域の地形を考慮した無線ノード置局アルゴリズムの提案〜、情報処理学会論文誌、Vol. 52, No. 1, pp.308-318, 2011.

亀川誠,藤川昌浩,浦上美佐子,松野浩嗣,自律的無線ネットワークによる被災情報提供システム〜安否情報の入力・交換・閲覧機能の実装と評価〜,第18回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集,pp.49-50, 2010.

Misako Urakami, Satoshi Innami, Makoto Kamegawa, Tetsuya Shigeyasu, Hiroshi Matsuno, Wireless distributed network system for relief activities after disasters -- A field experiment for channel setting and a system for information exchange among shelters --, Proc. 2010 International Conference on Broadband, Wireless Computing, Communication and Applications, pp.260-267, IEEE Computer Society, 2010.

Misako Urakami, Yuya Okada, Yasuyuki Niwa, Hisaya Motogi, and Hiroshi Matsuno, Construction of Wireless Network for Information Communication for a Disaster-affected Island, Proc. IEEE 24th International Conference on Advanced Information Networking and Application Workshop, IEEE Computer Society Press, pp.727-732, 2010.

浦上美佐子,印南聡志,亀川誠,重安哲也,松野浩嗣,避難所間における被災情報共有化システムの提案,第17回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集,pp.123-124, 2009.

亀川誠,藤川昌浩,浦上美佐子,松野浩嗣,自律的無線ネットワークによる被災情報提供システム〜安否情報入力用インターフェイスの実装と評価〜,第17回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集,pp.113-114, 2009.

大瀧龍,重安哲也,浦上美佐子,松野浩嗣,被災情報提供システムにおける2階層ネットワークモデルの通信・機器設置コスト減少の効果,第17回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集,pp.177-182, 2009.

Tetsuya Shigeyasu, Misako Urakami, Hiroshi Matsuno, Wireless distributed network system for relief activities after disasters - A construction policy of heterogeneous network architecture -, Proc. 2nd International Workshop on Disaster and Emergency Information Networking Systems, pp.862-867, 2009.

Misako Urakami, Keiji Fujii, Mitsuhiro Kota, Hiroshi Matsuno, A design of reduced data representation for information sharing in the disaster-affected area, Proc. 2nd International Workshop on Disaster and Emergency Information Networking Systems, pp.856-861, 2009.

大瀧龍、重安哲也、浦上美佐子、松野浩嗣、被災情報提供システムにおける2階層ネットワーク導入による通信コスト削減効果に関する一考察、平成21年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.236-237,2009.

岡田裕也、浦上美佐子、丹羽康之、本木久也、松野浩嗣、離島の情報孤立化防止のための運航船を用いた無線ネットワークの構築、平成21年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.234-235,2009.

印南聡志、浦上美佐子、亀川誠、重安哲也、松野浩嗣、避難所間における被災情報共有化手法に関する一考察、平成21年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集,pp.232-233,2009.

亀川誠、藤川昌浩、浦上美佐子、松野浩嗣、自律的無線ネットワークによる被災情報提供システム〜情報入力と情報交換のためのソフトウエア開発〜、マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集、情報処理学会、pp. 245-246, 2008.

武田理恵子、浦上美佐子、松野浩嗣、被災時情報共有のための省データ表現法の提案と評価、マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集、情報処理学会、pp. 145-150, 2008.

大瀧龍、重安哲也、浦上美佐子、松野浩嗣、避難所の耐震強度と収容可能人数に基づく通信経路構築手法の提案、マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集、情報処理学会、pp. 25-30, 2008.

大瀧龍, 重安哲也, 浦上美佐子, 松野浩嗣, 耐震強度と収容可能人数を考慮した避難所間ネットワーク構築法の提案とその評価, 平成20年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.284-286, 2008.

Kanae Sakamoto, Misako Urakami, Tetsuya Shigeyasu, Hiroshi Matsuno, Disaster information service system for relief activities using ad-hoc network -- A network construction algorithm and results of field experiments -- , Proc. International Workshop on Disaster and Emergency Information Networking Systems, in CD-ROM, 6 pages, 2008.

坂本佳那恵、浦上美佐子、重安哲也、松野浩嗣、自律的無線ネットワークによる被災情報提供システム〜避難所間ネットワーク構築アルゴリズムとフィールド実験〜、第15回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集、情報処理学会、pp.237-242, 2007.

坂本佳那恵, 浦上美佐子, 重安哲也, 松野浩嗣, 無線LANを用いた被災情報提供システムにおける避難所間ネットワーク構築アルゴリズムとフィールド実験, 平成19年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.382-383, 2007.

大森達典, 浦上美佐子, 吉留文男, 藤井敬治, 松野浩嗣, 無線LANを利用した災害時情報伝達システム構築実験とその評価, 平成19年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.381-382, 2007.

坂本佳那恵,浦上美佐子,松野浩嗣,海上無線LANを用いた離島への災害情報伝達システムの提案,平成18年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集,pp.541-542, 2006.

Makoto Kamegawa, Mai Kawamoto, Tetsuya Shigeyasu, Misako Urakami, and Hiroshi Matsuno, A new wireless networking system for rescue activities in disasters - System overview and evaluation of wireless nodes -, Proc. 19th International Conference on Advanced Information Networking and Applications, Vol.2, pp.68-71, IEEE Computer Society, 2005.

亀川誠,河本麻衣,重安哲也,浦上美佐子,松野浩嗣,自律的無線ネットワークによる被災情報提供システム〜システムの構築と市街地におけるフィールド実験〜,マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2004)シンポジウム論文集,pp.547-550, 情報処理学会, 2004.

河本麻衣,亀川誠,重安哲也,浦上美佐子,松野浩嗣,自律的無線ネットワークによる被災情報提供システム〜情報の共有化とGISによるリアルタイム表示〜,マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2004)シンポジウム論文集,pp.551-554, 情報処理学会, 2004.

亀川誠,河本麻衣,重安哲也,浦上美佐子,松野浩嗣,自律的無線ネットワークによる被災情報提供システム〜安否情報交換プログラムの実装と評価〜,平成16年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集,pp.337-338, 2004.

亀川誠、重安哲也、浦上美佐子、松野浩嗣、災害発生後に設置する自律的無線ネットワークを利用した安否情報提供システムの構築、平成15年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集、pp.443-444, 2003.

 

被災情報システム / バイオインフォマティクス / 電子メールフィルタリング 
無線ネットワーク構築技術 / 言語系統データ解析 / モバイルエージェント開発

バイオインフォマティクス------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Hiroshi Matsuno, Makoto Akashi, A role of RORα on the phase regulation in mammalian circadian cycles, Brazilian Symposium on Bioinformatics 2013 (Lecture Notes in Bioinformatics), Recife, Brazil, Nov. 4-6, accepted, 2013.

Manabu Sugii, Edgar Wingender, Hiroshi Matsuno, Petri Net modeling of oscillatory processes in the activation of cell cycle proteins, Proc. The 28th International Technical Conference on Circuit/Systems, Computers and Communications, pp.76-79, June 30 - July 1, 2013, Korea, 2013.

松本唯尊、葛崎偉、松野浩嗣、滞留なしペトリネットにおける依存部分ネット決定アルゴリズムの提案、電子情報通信学会技術研究報告、MSS2012-50, pp.27-32, 2013.

Mayuka Onishi, Hiroshi Matsuno, Adrien Faure, Revisiting Delta-Notch signaling in Drosophila through logical modeling and analysis, IEICE Technical Report、MSS2012-64, pp.31-36, 2013.

Yuki Murakami, Qi-Wei Ge, Hiroshi Matsuno, Incorporation of cycles and inhibitory arcs into the timed Petri net model of signaling pathway, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications, and Computer Sciences, Vol.E96-A, No.2, pp.514-524, 2013.

Zhongyuan Tian, Adrien Faure, Hirotada Mori, Hiroshi Matsuno, Identification of key regulators in glycogen utilization in E.coli based on the simulations from a hybrid functonal Petri net model, 4th International Workshop on Biological Processes & Petri nets, Milan, Italy, June 24, 2013; CEUR Workshop Proceedings, Vol. 988, pp.75-88, 2013.

森渉, Adrien Faure, 松野浩嗣, 状態推移シミュレーションによる時計遺伝子機構のシステム解析, 第25回回路とシステムワークショップ論文集, pp.450-455, 2012. 

相原大輝、竹内力也、森浩禎、松野浩嗣、大腸菌2遺伝子欠失による生育影響と転写データベース照合による新関連性発見の試み、第25回回路とシステムワークショップ論文集、pp.456-461, 2012.

村上祐樹,葛崎偉,松野浩嗣,シグナル伝達経路の性質に基づく時間ペトリネットのトークン滞留なし条件の検討,電子情報通信学会技術研究報告,vol.111, no.453, (MSS2011-77), pp.29-34, 2012.

伊藤剛,北風裕教,池田信彦,松野浩嗣,可視化数列に基づくクラスター分析によるがん細胞の分類,電子情報通信学会2012年総合大会講演論文集,D-16-4, 2012.

北風裕教,池田信彦,松野浩嗣,タンパク質分布情報によるがん細胞の可視化手法に関する一考察,電子情報通信学会2012年総合大会講演論文集,D-16-1, 2012.

吉田卓洋,北風裕教,池田信彦,松野浩嗣,SOMによるがん細胞の分類に関する一考察,電子情報通信学会2012年総合大会講演論文集,D-2-13, 2012.

井川翔平,北風裕教,池田信彦,松野浩嗣,可視化数列によるがん細胞認識に関する一考察,電子情報通信学会2012年総合大会講演論文集,D-2-11, 2012.

北風裕教、井川翔平、伊藤剛、古屋智子、神田全啓、池田信彦、松野浩嗣、セルアレイデータに基づくがん細胞分類を支援するタンパク質情報可視化手法の提案、電子情報通信学会技術研究報告、MSS2012-23、pp.123-128, 2012.

Tomoaki Yamamotoya, Hitomi Dose, Zhongyuan Tian, Adrien Faure, Yoshihiro Toya, Masayuki Honma, Kaori Igarashi, Kenji Nakahigashi, Tomoyoshi Soga, Hirotada Mori, Hiroshi Matsuno, Glycogen is the primary source of glucose during the lag phase of E.coli proliferation, Biochimica et Biophysica Acta, Vol.1824, pp.1442-1448, 2012.

伊藤剛,北風裕教,池田信彦,松野浩嗣,情報圧縮されたがん細胞データの差分による分類,平成23年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.352-354, 2011.

吉田卓洋,北風裕教,池田信彦,松野浩嗣,情報圧縮されたがん細胞情報のSOM を用いた分類検証,平成23年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.227-228, 2011.

井川翔平,北風裕教,池田信彦,松野浩嗣,ニューラルネットワークを用いたがん細胞の認識検証,平成23年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.224-225, 2011.

Hiroshi Matsuno, Masao Nagasaki, Satoru Miyano, Hybrid Petri net based modeling for biological pathway simulation, Natural Computing, Vol.10, pp.1099-1120, 2011.

村上祐樹,葛崎偉,松野浩嗣,サイクリック構造を含むシグナル伝達経路ペトリネットモデルの滞留なし発火頻度決定手法の提案,電子情報通信学会技術研究報告,vol.111, no.294, (MSS2011-45), pp.71-76, 2011.

村上祐樹,葛崎偉,松野浩嗣,シグナル伝達経路ペトリネットモデルのサイクリック構造に対する滞留なし発火頻度決定手法,平成23年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.97-98,2011.

北風裕教,井川翔平,伊藤剛,池田信彦,松野浩嗣,がん細胞内のタンパク質情報を用いた可視化による分析支援法,平成22年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集,p.117, 2010.

Yoshimasa Miwa, Yuki Murakami, Qi-Wei Ge, Chen Li, Hiroshi Matsuno, Satoru Miyano, Delay time determination for the timed Petri net model of a signaling pathway based on its structural information, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications, and Computer Sciences, Vol.E93-A, No.12, pp.2717-2729, 2010.

Yoshimasa Miwa, Chen Li, Qi-Wei Ge, Hiroshi Matsuno, Satoru Miyano, On determining firing delay time of transtions of Petri net based signaling pathways by introducing decision rules, In Silico Biology, Vol.10, pp.49-66, 2010. http://www.bioinfo.de/isb/2010/10/0004/

村上祐樹,三輪良雅,葛崎偉,松野浩嗣,シグナル伝達経路の構造情報に基づく時間ペトリネットの遅延時間決定手法の提案,平成22年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集,pp.273-274, 2010.

Chigusa Miyakawa, Manabu Sugii, Hiroshi Matsuno, Satoru Miyano, Computational predictions for functional proteins working after cleaved in apoptotic pathway, Proc. International Conference on Complex, Intelligent and Software Intensive Systems (CISIS2009), pp.808-812, 2009.

三輪良雅,李晨,葛崎偉,松野浩嗣,確率を用いたトークン滞留しない時間ペトリネットモデルのトランジション発火時間の決定法,電子情報通信学会コンカレント工学研究会研究報告,Vol.109, No.301, CST2009-30, pp.71-76, 2009.

宮本賢志,松野浩嗣,井上愼一,哺乳類生物時計における遺伝子転写調節のペトリネットモデル,日本時間学会第1回大会講演予稿集,p.17, 2009.

Hiroshi Matsuno, Hirotada Mori, Pattern analysis of enzyme expressions in E.coli metabolic pathways with a systems biology approach, The 3rd International Conference on Fermentation Technology for Value Added Agricultural Products, p.59, Khon Kaen, Thailand, 2009.8.26.

Kenji Miyamoto, Hiroshi Matsuno, Shin-ichi T. Inouye, Simulation of the phase decision processes of clock gene expressions by promoter transcriptional regulations, 2009 International Workshop on Computational and Integrative Biology, p.61, Hangzhou, China, 2009.

Yoshimasa Miwa, Qi-Wei Ge, Hiroshi Matsuno, An algorithm to produce conditional equation for smooth signal flows in the Petri net model of a signaling pathway, 2009 International Workshop on Computational and Integrative Biology, p.31, Hangzhou, China, 2009.

立花麻耶、北風裕教、池田信彦、松野浩嗣、タンパク質情報を用いたSOMによるがん細胞分類の実験と評価、平成21年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.563-564,2009.

下村佳史、池田信彦、北風裕教、松野浩嗣、タンパク質の量と凝集度に基づくSOMによるがん細胞分類システムの動作検証、平成21年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.561-562,2009.

三輪良雅、樋岡幹司、葛崎偉、松野浩嗣、時間ペトリネットに基づくシグナル伝達経路モデルの発火頻度条件式導出アルゴリズムの提案、平成21年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.377-378,2009.

宮本賢志、松野浩嗣、井上愼一、プロモータ転写調節による時計遺伝子発現の位相決定プロセスのシミュレーション、平成21年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.336-337,2009.

山本屋智章、池上雄人、道瀬ひとみ、森浩禎、松野浩嗣、培養条件の違いによる大腸菌酵素発現パターン変化のシミュレーション解析、平成21年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.334-335,2009.

 財原大地、森浩禎、松野浩嗣、大腸菌代謝シミュレーションモデル構築のためのパスウェイ情報の取得、平成21年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.332-333,2009.

三輪良雅,樋岡幹司,葛崎偉,松野浩嗣,シグナル伝達経路のペトリネット表現に基づく反応パラメータ条件式導出アルゴリズムの提案,電子情報通信学会コンカレント工学研究会研究報告,Vol.109, No.165, CST2009-16, pp.25-30, 2009.

Hiroshi Matsuno, Natsumi Mito, Shin-Ichi T. Inouye, Simulation of Mammalian Circadian Clock for the Analysis of Interlocked Feedback Loops in Robust Oscillation, Proc. The 24th International Technical Conference on Circuit/Systems, Computers and Communications, pp. 264-267, 2009.

北風裕教、神田全啓、中司弘樹、池田信彦、松野浩嗣、宮野悟、リカレントニューラルネットワークによる細胞内反応経路の脆弱・頑健部位の推定手法、電子情報通信学会論文誌D分冊、Vol.J91-D, No.9, pp.2404-2417, 2008.

宮本賢志、松野浩嗣、井上愼一、哺乳類生物時計における遺伝子調節のペトリネットモデル、時間生物学、Vol. 14, No. 2, 口頭発表抄録番号O-19, 2008.

池上雄人, 道瀬ひとみ, 加藤玲子, 森浩禎, 松野浩嗣, システム生物学的アプローチによる大腸菌代謝酵素発現パターンの解析, 平成20年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.242-244, 2008.

山本屋智章, 松野浩嗣, 森浩禎, 宮野悟, 大腸菌代謝機構モデルのための代謝パスウェイ整理システムの作成, 平成20年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.240-241, 2008.

宮本賢志, 松野浩嗣, 井上愼一, 哺乳類生物時計における遺伝子転写調節のペトリネットモデル, 平成20年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.238-239, 2008.

松井明生, 三藤なつ美, 松野浩嗣, 井上愼一, シミュレーションによる時計遺伝子Bmal,Clockの役割の検証, 平成20年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.236-237, 2008.

樋岡幹司, 三輪良雅, 李晨, 葛崎偉, 松野浩嗣, 宮野悟, 時間ペトリネットによるシグナル伝達経路モデルの反応時間決定のアルゴリズムの提案, 平成20年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.101-102, 2008.

三輪良雅, 樋岡幹司, Chen Li,Qi-Wei Ge, 松野浩嗣, 宮野悟, 実験データーに基づくシグナル伝達経路ペトリネットモデルの遅延時間推定手法, 平成20年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.99-100, 2008.

角朝香, 岡田諒, 杉井学, 松野浩嗣, 機械学習を用いたタンパク質N-ミリストイル化予測ツールの評価, 平成20年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.393-394, 2008.

Natsumi Mitou, Yuto Ikegami, Hiroshi Matsuno, Satoru Miyano, Shin-ichi T. Inouye, Simulation analysis for the effect of light-dark cycle on phase entrainment in circadian rhythms, Genome Informatics, Vol. 20, pp.212-223, 2008.

Yoshimasa Miwa, Kanji Hioka, Chen Li, Hiroshi Matsuno, Satoru Miyano, Delay time estimation for Petri net models of signaling pathways based on experimental data, Proc. The 23rd International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2008), in CD-ROM, 4 pages, 2008.

Sayaka Kado, Ryo Okada, Manabu Sugii, Hiroshi Matsuno, Satoru Miyano, Evaluation of N-myristoylation prediction tool using machine learning, Proc. The 23rd International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2008), in CD-ROM, 4 pages, 2008.

Manabu Sugii, Ryo Okada, Hiroshi Matsuno, Satoru Miyano, Performance improvement in protein N-myristoyl classification by BONSAI with insignificant indexing symbol, Genome Informatics, Vol.18, No.1, pp.277-286, 2007.

Chen Li, Qi-Wei Ge, Mitsuru Nakata, Hiroshi Matsuno, Satoru Miyano, Modelling and simulation of signal transduction in an apoptosis pathway by using timed Petri nets, Journal of Biosciences, Vol.32, No.1, pp.113-127, 2007.

松岡秀実, 池田信彦, 北風裕教, 松野浩嗣, SOMによる蛋白質情報を用いた癌細胞の分類手法の一考察, 平成19年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, p.157, 2007.

樋岡幹司 , 李晨 , 松野浩嗣 , 宮野悟, 実験データに基づいたペトリネット分割によるシグナル伝達経路パラメータの推定方法の提案, 平成19年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.127-128, 2007.

三藤なつ美, 松野浩嗣, 井上愼一 , シミュレーションによるマウス時計遺伝子フィードバックループの相補的働きの検証, 平成19年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.125-126, 2007.

松井明生, 松野浩嗣, 井上愼一, シミュレーションに基づく哺乳類生物時計の振動位相決定遺伝子に関する一考察, 平成19年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.123-124, 2007.

宮川千種, 杉井学, 松野浩嗣, 機械学習を用いたアポトーシス過程における機能タンパク質の特徴抽出, 平成19年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.121-122, 2007.

池上雄人, 松野浩嗣, 井上愼一 , マウス時計遺伝子機構の光同調シミュレーション, 平成19年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.119-120, 2007.

Atsushi Doi, Masao Nagasaki, Kazuko Ueno, Hiroshi Matsuno, Satoru Miyano, A combined pathway to simulate CDK-dependent phosphorylation and ARF-dependent stabilzation for p53 transcriptional activity, Genome Informatics, 17(1), pp.112-123, 2006.

Masao Nagasaki, Rui Yamaguchi, Ryo Yoshida, Seiya Imoto, Atsushi Doi, Yoshinori Tamada, Hiroshi Matsuno, Satoru Miyano, Tomoyuki Higuchi, Genomic data assimilation for estimating hybrid functional Petri net from time-course gene expression data, Genome Informatics, 17(1), pp.46-61, 2006.

Atsushi Doi, Masao Nagasaki, Hiroshi Matsuno, Satoru Miyano, Simulation based validation of the p53 transcriptional activity with hybrid functional Petri net, In Silico Biology 6(1), pp.1-13, 2006.

Hiroshi Matsuno, Shin-Ichi T. Inouye, Yasuki Okitsu, Yasushi Fujii, Satoru Miyano, A new regulatory interactions suggested by simulations for circadian genetic control mechanism in mammals, Journal of Bioinformatics and Computational Biology, 4(1), pp.139-153, 2006.

Harada Y., Kashiwai R., Sato Y., Matsuno H., Yamanaka A., Expression ofcircadian clock gene during early embryonic development in Xenopus laevis, Zoological Science, Vol.23, No.12, pp.1194-1194, 2006.

三藤なつ美,松野浩嗣,井上愼一,宮野悟,ハイブリッド関数ペトリネットによるマウス時計遺伝子機構光応答シミュレーション,平成18年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集,pp.589-590, 2006. 

田中寿宜, 北風裕教, 松野浩嗣, 宮野悟,Cell Illustratorにおける計算環境支援ツールの開発,平成18年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集,pp.582-583, 2006.

北風裕教,松野浩嗣,宮野悟,リカレントニューラルネットワークを用いたハイブリッド関数ペトリネットの脆弱部位の推定,平成18年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集,pp.203-204, 2006.

岡田諒,宮川千種,杉井学,松野浩嗣,宮野悟,機械学習システムBONSAIへのワイルドカード実装の効果,平成18年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集,pp.178-179, 2006.

宮川千種, 岡田諒, 杉井学, 松野浩嗣, 宮野悟,機械学習を用いたcaspase-3によるタンパク質の切断規則の予測,平成18年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集,pp.176-177, 2006.

竹林謙太, 山ノ内昭洋, 佐藤正行, 浦上美佐子, 松野浩嗣,不均一な通信環境におけるモバイルエージェント再送機能の有効性評価,平成18年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集,pp.74-75, 2006.

Chen Li, Shunichi Suzuki, Qi-Wei Ge, Mitsuru Nakata, Hiroshi Matsuno, Satoru Miyano, Structual modeling and analysis of signaling pathways based on Petri net, Journal of Bioinformatics and Computational Biology, 4(5), pp.1119-1140, 2006.

Ryo Okada, Manabu Sugii, Hiroshi Matsuno, Satoru Miyano, Machine learning prediction of amino acid patterns in protein N-myristoylation, Lecture Notes in Bioinformatics 4146 (2006 Workshop on Pattern Recognition In Bioinformatics (PRIB'06)), pp.4-14, Springer, 2006.

Hironori Kitakaze, Hiroshi Matsuno, Nobuhiko Ikeda, Prediction of debacle points for robustness of biological pathways by using recurrent neural networks, Genome Informatics, 16(1), pp.192-202, 2005.

岡田諒、杉井学、松野浩嗣、宮野悟、機械学習によるタンパク質N-ミリストイル化規則の予測、平成17年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集、pp.270-271, 2005.

Masao Nagasaki, Atsushi Doi, Hiroshi Matsuno, Satoru Miyano, Petri net modeling of biological pathways, Proc. Algebraic Biology 2005 (Universal Academy Press), pp.19-31, 2005.

Chen Li, Shunichi Suzuki, Qi-Wei Ge, Mitsuru Nakata, Hiroshi Matsuno, Satoru Miyano, A new proposal of Petri net based formulation for analyzing signaling pathways, Technical Report of IEICE, CST2004-39, pp.1-6, 2005.

Chen Li, Shunichi Suzuki, Qi-Wei Ge, Mitsuru Nakata, Hiroshi Matsuno, and Satoru Miyano, On modeling and analyzing signaling pathways with inhibitory interactions based on Petri net, Proc. The 2005 Internatinal Joint Conference of InCoB, AASBi and KSBI (BIOINFO2005), pp.348-353, 2005.

Hiroshi Matsuno, Shin-Ichi T. Inouye, Yasuki Okitsu, Yasushi Fujii, and Satoru Miyano, A new regulatory interactions suggested by simulations for circadian genetic control mechanism in mammals, Proc. The 3rd Asia-Pacific Bioinformatics Conference, pp.171-180, Imperial College Press, 2005.

Masafumi Nakano, Ryuhei Noda, Hironori Kitakaze, Hiroshi Matsuno, and Satoru Miyano, XML pathway file conversion between Genomic Object Net and SBML, Proc. The Third International Conference on Information, pp.585-588, 2004.

Sachie Fujita, Mika Matsui, Hiroshi Matsuno, Satoru Miyano, Modeling and simulation of fission yeast cell cycle on hybrid functional Petri net, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, E87-A(11), pp.2919-2928, 2004.

Atsushi Doi, Sachie Fujita, Hiroshi Matsuno, Masao Nagasaki, Satoru Miyano, Constructing biological pathway models with hybrid functional Petri nets, In Silico Biology 4 (3), pp.271-291, 2004.

Masao Nagasaki, Atsushi Doi, Hiroshi Matsuno, Satoru Miyano, A Versatile Petri Net Based Architecture for Modeling and Simulation of Complex Biological Processes, Genome Informatics, 15(1), pp.180-197, 2004.

Masao Nagasaki, Atushi Doi, Hiroshi Matsuno, and Satoru Miyano, Integrating biopathway databases for large-scale modeling and simulation, Conferences in Research and Practice in Information Technology, Vol.29 (Yi-Ping Phoebe Chen, Ed.) (The Second Asia Pacific Bioinformatics Conference 2004), pp.43-52, 2004.

Mika Matsui, Sachie Fujita, Shunichi Suzuki, Hiroshi Matsuno, Satoru Miyano, Simulated Cell Division Processes of the Xenopus Cell Cycle Pathway by Genomic Object Net, Annual collection of articles of the Journal of Integrative Bioinformatics, 1, pp.95-104, Online Journal; http://journal.imbio.de/index.php?paper_id=3, 2004.

中野雅文,北風裕教,池田信彦,松野浩嗣,宮野悟,リカレントニューラルネットワークを用いたハイブリッド関数ペトリネットの速度推定システムの構築,平成16年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集,pp.216-217, 2004.

北風裕教,野田竜平,松野浩嗣,宮野悟,リカレントニューラルネットワークを用いた細胞内反応システムにおけるロバストネス瓦解部位予測,平成16年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集,pp.191-192, 2004.

鈴木俊一,松野浩嗣,宮野悟,オブジェクト指向型ペトリネットによる線虫の受精から第一分裂開始までのモデル化,平成16年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集,pp.186-187, 2004.

山根理恵、山崎直之、松野浩嗣、村上柳太郎、梅崎淳子、宮野悟、ハイブリッド関数ペトリネットによるDelta-Notchシグナル伝達系のモデル化とシミュレーション、平成15年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集、pp.521-522, 2003.

藤田祥恵、松井美香、松野浩嗣、宮野悟、ハイブリッド関数ペトリネットによるアフリカツメガエルの細胞周期シミュレーション、平成15年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集、pp.389-390, 2003.

松井美香、藤田祥恵、松野浩嗣、宮野悟、ハイブリッド関数ペトリネットによるアフリカツメガエル細胞周期のモデル化、平成15年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集、pp.379-380, 2003.

土井淳、田中由紀子、長崎正朗、青島均、松野浩嗣、宮野悟、アポトーシスシグナル伝達経路のGenomic Object Netによるモデル化とシミュレーション、第16回回路とシステム(軽井沢)ワークショップ論文集、電子情報通信学会、pp.261-266, 2003.

Hiroshi Matsuno, Yukiko Tanaka, Hitoshi Aoshima, Atsushi Doi, Mika Matsui, Satoru Miyano, Biopathways Representation and Simulation on Hybrid Functional Petri Net, In Silico Biology, 3(3), pp.389 - 404, 2003.

Masao Nagasaki, Atushi Doi, Hiroshi Matsuno, and Satoru Miyano, Recreating biopathway database towards simulation, Lecture Notes in Computer Science 2602 (Proc. International workshop on Computational Methods in Systems Biology 2003), pp.168-169, 2003.

Hiroshi Matsuno, Ryutaro Murakami, Rie Yamane, Naoyuki Yamasaki, Sachie Fujita, Haruka Yoshimori, and Satoru Miyano, Boundary formation by Notch signaling in Drosophila multicellular systems: Experimental observations and a gene network modeling by Genomic Object Net, Proc. Pacific Symposium on Biocomputing 2003, pp.152-163, 2003.

Atsushi Doi, Masao Nagasaki, Hiroshi Matsuno, Satoru Miyano, Genomic Object Net II: how to model biopathways with hybrid functional Petri net with extension, Applied Bioinformatics, 2(3), pp.185-188, 2003.

Masao Nagasaki, Atsushi Doi, Hiroshi Matsuno, Satoru Miyano, Genomic Object Net I: a platform for modeling and simulating biopathways, Applied Bioinformatics, 2(3), pp181-184, 2003.

藤田祥恵、土井淳、松野浩嗣、宮野悟、ハイブリッド関数ペトリネットによる大腸菌のlacオペロンと解糖系の遺伝子ネットワークのモデル化とシミュレーション、第15回回路とシステム(軽井沢)ワークショップ論文集、電子情報通信学会、pp.601-606, 2002.

Atsushi Doi, Hiroshi Matsuno, Mika Matsui, Yuichi Hirata, and Satoru Miyano, Simulation of biological systems by hybrid Petri net with an enhancement,Proc. The International Conference on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Science 2002, S5, pp.13-18, 2002.

Satoru Miyano, Hiroshi Matsuno, Genomic Object Net: Toward biopathway simulation, 第24回日本分子生物学会年会,W1aO-2, 2001.

Hiroshi Matsuno, Atsushi Doi, Yuichi Hirata, and Satoru Miyano, XML documentation of biopathways and their simulations in Genomic Object Net, Genome Informatics, 12, pp.54-62, 2001.

田中都子、中園早苗、松野浩嗣、宮野悟、エキスパートのための大規模データベースからの文献抽出システム、マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2000)シンポジウム論文集、pp.301-306, 情報処理学会、2000.

松野浩嗣、土井淳、和田信明、宮野悟、ハイブリッドペトリネットによるλファージの誘発と逆調節機構の表現、第13回回路とシステム(軽井沢)ワークショップ論文集、電子情報通信学会、pp.263-268, 2000.

Hiroshi Matsuno, Atsushi Doi, Masao Nagasaki, and Satoru Miyano, Hybrid Petri net representation of gene regulatory network, Proc. Pacific Symposium on Biocomputing 2000, pp.341-352, 2000.

土井淳、杉坂友理、松野浩嗣、ハイブリッドペトリネットによるショウジョウバエの概日リズム振動機構の遺伝子制御ネットワーク表現、平成12年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集、pp.86-87, 2000.

Miyako Tanaka, Sanae Nakazono, Hiroshi Matsuno, Hideki Tsujimoto, Yasuhiko Kitamura, Satoru Miyano, Intelligent system for topic survey in MEDLINE by keyword recommendation and learning text characteristics, Genome Informatics, 11, pp.73-82, 2000.

中園早苗、田中都子、松野浩嗣、宮野悟、機械学習による知的文献データベース検索ツール、電気・情報関連学会中国支部第50回連合大会講演論文集、pp.323-324, 1999.

Shin-ichi Usuzaka, Kim Lan Sim, Miyako Tanaka, Hiroshi Matsuno, and Satoru Miyano, A machine learning approach to reducing the work of experts in article selection from database: A case study for regulatory relations of S.cerevisiae gene in MEDLINE, Genome Informatics, 9, pp.91-101, 1998.

 

被災情報システム / バイオインフォマティクス / 電子メールフィルタリング
無線ネットワーク構築技術 / 言語系統データ解析 / モバイルエージェント開発

電子メールフィルタリング-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

石崎慎太郎、橋村有紀、杉井学、松野浩嗣、機械学習とtf-idf法を用いたスパムメール分類における重要単語選択パラメータの振る舞い、電子情報通信学会技術研究報告、MSS2012-63, pp.19-24, 2013.

山口博之、角朝香、杉井学、松野浩嗣、ベイジアン方式と機械学習の併用によるスパムメールフィルタリング、情報処理学会論文誌、Vol.54, No2, pp.1002-1011, 2013. 

山口博之,杉井学,松野浩嗣,ベイズフィルタと決定木分類による併用メールフィルタの判定方式の改善と効果,電子情報通信学会技術研究報告,vol.111, no.453, (MSS2011-76), pp.23-28, 2012.

山口博之,杉井学,松野浩嗣,併用メールフィルタのスパムメール判定方式の検討,平成23年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集 pp.17-18, 2011.

杉井学,角朝香,松野浩嗣, 機械学習によるメールヘッダ情報に基づく迷惑メールフィルタリング,第18回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集,pp.161-166, 2010.

山口博之,角朝香,杉井学,松野浩嗣,ベイジアン方式と機械学習を併用したスパムメールフィルタの検討,第18回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集,pp.155-160, 2010.

山口博之,杉井学,松野浩嗣,ベイジアン方式と機械学習の併用によるスパムメールフィルタリング,平成22年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集,pp.430-431, 2010.

角朝香,日下野隆謙,杉井学,松野浩嗣,機械学習を応用したスパムメールフィルタリング手法の検討と評価,第17回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集,pp.201-207, 2009.

角朝香、杉井学、松野浩嗣、メーリングリストを対象とした機械学習によるスパムメールの分類、平成21年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.80-81, 2009. 

杉井学、松野浩嗣、機械学習によるスパムメールの特徴の決定木表現、情報処理学会研究報告、2007-DPS-130, pp.183-188, 2007.

 

 被災情報システム / バイオインフォマティクス / 電子メールフィルタリング
無線ネットワーク構築技術 / 言語系統データ解析 / モバイルエージェント開発

無線ネットワーク構築技術--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Tetsuya Shigeyasu, Hiroshi Matsuno, Effects of directional receiving for MAC-level broadcasting on wireless ad hoc networks, The 15th International Conference on Network-Based Information Systems (NBiS2012), accepted, 2012.

Tetsuya Shigehasu, Makoto Akimoto, Hiroshi Matsuno, New Adaptive RTS/CTS control method for reduced transmission overhead on networks with hidden terminals, Jounal of Interconnection Networks, Vol.12, No.3, pp.173-187, 2012.

Tetsuya Shigeyasu, Makoto Akimoto, Hiroshi Matsuno, Throughput improvement of IEEE802.11DCF with adaptive RTS/CTS control on the basis of existence of hidden terminals, Proc. 2011 International Conference on Complex, Intelligent, and Software Intensive Systems, pp.46-52, IEEE Computer Society, 2011.

Tetsuya Shigeyasu, Hiroshi Matsuno, Effect of adaptive RTS/CTS ON/OFF control method for mitigating transmission overhead of IEEE802.11DCF, Proc. 2010 International Conference on Broadband, Wireless Computing, Communication and Applications, pp.627-632, IEEE Computer Society, 2010.

Yoshikazu Nagai, Hiroshi Matsuno, Kakuji Ogawara, Katsumi Tadamura, Effectiveness analysis of IT-consultation in a university -Tendency of problems found in initial plans of information system introduction -, Proc. The 25th International Technical Conference on Circuit/Systems, Computers and Communications, pp.217-220, 2010.

劉雄,重安哲也,松野浩嗣,隠れ端末を考慮したスロット化CSMA 方式に関する一検討,平成22年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集,pp.357-358, 2010.

重安哲也,松野浩嗣,森永規彦,隠れ端末の危険度に基づいた衝突回避制御を行うブロードキャストプロトコル,情報処理学会論文誌,Vol.51, No.2,pp.453-465, 2010.

劉雄,重安哲也, 松野浩嗣,キャリアセンス可能端末の時分割グルーピングによる通信プロトコルの提案と評価,第18回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集,pp.57-58, 2010.

Tetsuya Shigeyasu, Hiyuu Shimizu, Hiroshi Matsuno, and Norihiko Morinaga, A Method for Synchronous Transmissions with Exposing Terminal on the Basis of Overhearing RTS Header Information, Proc. NBiS2009 (International Workshop on Information Technology for Innovative Services (ITIS 2009)), pp. 559 - 563, 2009.

Tetsuya Shigeyasu, Hiroshi Matsuno, and Norihiko Morinaga, A New Method for Improving MAC Level Broadcast Receive Ratio Using 2-Phase RTS/CTS Handshakes Sequence, Proc. NBiS2009 (The 12th International Conference on Network-Based Information Systems), pp. 580 - 585, 2009.

Tetsuya Shigeyasu, Daishi Inoue, Hiroshi Matsuno, Norihiko Morinaga, A new MAC protocol for reducting effect of needless transmission deferment induced by missed RTS/CTS handshake, Mobile Information Systems, Vol. 5, pp.21-32, 2009.

重安哲也、松野浩嗣、森永規彦、IEEE802.11DCF端末の混在環境下におけるMAC Level Fairness向上方式の提案、情報処理学会論文誌、Vol.50, No.3, pp.1156-1169, 2009.

重安哲也、松野浩嗣、森永規彦、普及型無線LAN回線を使用するリアルタイムデータ伝送システムの開発、情報処理学会研究報告、2008-DPS-136, pp.1-6, 2008.

清水飛悠, 重安哲也, 松野浩嗣, 森永規彦, 自律送信制御型無線LANにおけるさらし端末との同期並行送信方式の検討, 平成20年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.269-270, 2008.

重安哲也、松野浩嗣、森永規彦、2段階のRTS/CTS交換で隠れ端末の送信を抑制するMACレベルブロードキャスト受信率向上方式、マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集、情報処理学会、pp. 55-60, 2008.

清水飛悠、重安哲也、松野浩嗣、森永規彦、RTSのヘッダ情報を利用したさらし端末の同期並行送信方式の検討、マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集、情報処理学会、pp. 49-54, 2008.

浦上美佐子、丹羽康之、本木久也、松野浩嗣、船間無線LANを用いた小型船舶対象の安心ネットワーク構築、日本航海学会論文集第119号、pp.67-74, 2008.

Tetsuya Shigeyasu, Hiroshi Matsuno, Shozo Komaki, A new broadcast method to prevent packet collisions over biased terminal arrangement, Proc. The 23rd International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2008), in CD-ROM, 4 pages, 2008.

Daishi Inoue, Tetsuya Shigeyasu, Hiroshi Matsuno, Norihiko Morinaga, A New MAC Protocol for Avoiding Needless Transmission Deferment Induced by Missed RTS/CTS Handshake, Proc. The Fourth International Workshop on Heterogeneous Wireless Networks, in CD-ROM, 6 pages, 2008.

井上大資,重安哲也,松野浩嗣,森永規彦,Cancel CTSを実装したIEEE802.11DCFの提案と性能評価,電子情報通信学会2007年ソサエティ大会(鳥取大学),B-5-142, 2007.

重安哲也,松野浩嗣,森永規彦,隠れ端末を抑制する信頼性の高いブロードキャストプロトコル,電子情報通信学会2007年ソサエティ大会(鳥取大学),B-5-142, 2007.

井上大資、重安哲也、松野浩嗣、森永規彦、Cancel CTSのIEEE802.11DCFへの実装と性能評価、情報処理学会研究報告、2007-DPS-132, pp.7-12, 2007.

重安哲也、松野浩嗣、森永規彦、隠れ端末の送信を抑制する衝突回避型ブロードキャストプロトコル、情報処理学会研究報告、2007-DPS-132, pp.1-6, 2007.

井上大資、重安哲也、松野浩嗣、森永規彦、不必要な送信延期を防ぐIEEE802.11DCF with Cancel CTSの提案、第15回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集、情報処理学会、pp.129-134, 2007.

重安哲也、松野浩嗣、森永規彦、IEEE802.11DCF端末との混在環境下におけるMAC Level Fairness向上方式の提案、第15回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集、情報処理学会、pp.43-48, 2007.

Tetsuya Shigeyasu, Hiroshi Matsuno, Norihiko Morinaga, A packet-bursting based method to improve MAC layer fairness without throughput reduction, Proc. 7th International Symposium on Communications and Information Technologies (ISCIT2007), 586-591, 2007.

重安哲也、松野浩嗣、森永規彦、隠れ端末の影響を調査するためのネットワーク生成アルゴリズムによるMACプロトコル調査、電子情報通信学会論文誌B分冊、Vol.J89-B, No.3, pp.351-360, 2006.

重安哲也,松野浩嗣,森永規彦,送信影響範囲を基準としたMACプロトコルの効率化とその評価,情報処理学会研究報告(マルチメディア通信と分散処理),Vol.2006, No.61, pp.7-12, 2006.

川崎将和,重安哲也,松野浩嗣,自律分散MACプロトコルにおける送信機会公平性の高度化に関する検討,平成18年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集,pp.64-65, 2006.

坂本佳那恵,浦上美佐子,松野浩嗣,離島の情報孤立化防止のための船舶を用いた無線LANシステムの提案,第5回アドホックネットワーク・ワークショップ:セッション2(一般講演),pp.17-20,電子情報通信学会通信ソサエティ,2006.

川崎将和,河本麻衣,重安哲也,松野浩嗣,IEEE802.11DCFにおける端末間の送信機会公平化に関する研究,情報処理学会研究報告(マルチメディア通信と分散処理),Vol.2006, No.61, pp.1-6, 2006.

Masakazu Kawasaki, Tetsuya Shigeyasu, Hiroshi Matsuno, A method for improving MAC level fairness on IEEE802.11DCF, 2nd International Conference on Wireless Communications, Networking and Mobile Computing (WiCOM2006), in CD-ROM, 4pages, 2006.

Hiroshi Matsuno, Hideyuki Ishinaka, Tetsuya Shigeyasu, Effect of propagation delay and RTS packet recognition time on MACA, Electronics and Communications in Japan, Part 1, 88(1), pp.2449-2459, 2005. (「MACAにおける伝搬遅延時間とRTS認識時間の影響」の英訳)

河本麻衣、重安哲也、松野浩嗣、フレームバースティングによるIEEE802.11の送信機会不公平解決法の提案、情報処理学会研究報告(マルチメディア通信と分散処理)、Vol.2005, No.111, pp.19-24, 2005.

川崎将和、重安哲也、松野浩嗣、伝送誤りを考慮したUDP環境下におけるIEEE802.11DCFのACK性能評価、第13回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集、情報処理学会、pp.285-289, 2005.

宮本祐輔、浦上美佐子、兼重明宏、藤井雅之、松野浩嗣、ネットワーク対応型マイコンを用いた高専間における太陽光発電監視システムの構築、平成17年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集、pp.156-157, 2005.

河本麻衣、重安哲也、松野浩嗣、MAC層における送信機会不公平問題とその自律的解決法の提案、平成17年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集、pp.244-245, 2005.

川崎将和、重安哲也、松野浩嗣、BERを考慮したIEEE802.11DCFのUDP環境下におけるACK有効性、平成17年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集、pp.240-241, 2005.

Tetsuya Shigyasu, Hiroshi Matsuno, and Norihiko Morinaga, Throughput improvement of IEEE802.11DCF in cooperation with shorted NAV method, Proc. The 8th International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications (WPMC'05), pp.1818-1822, 2005.

重安哲也,平川忠之,松野浩嗣,森永規彦,IEEE802.11DCFのACKパケットが隠れ端末に与える正負の影響,マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2004)シンポジウム論文集,pp.707-710, 情報処理学会, 2004.

浦上美佐子,重安哲也,松野浩嗣,小型船舶を対象とした海上無線LANの基礎実験と評価,マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2004)シンポジウム論文集,pp.647-650, 情報処理学会, 2004.

浦上美佐子,松野浩嗣,岩崎寛希,海上無線LANを利用した小型船舶対象の安心ネットワーク構築,日本航海学会論文集第111号,pp.173-180, 2004.

Tetsuya Sigeyasu, Tadayuki Hirakawa, Hiroshi Matsuno, and Norihiko Morinaga, Evaluation of the ACK Process in IEEE802.11DCF, The 7th International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications 2004 (WPMC04), (in CD-ROM, 5pages), 2004.

Tetsuya Sigeyasu, Tadayuki Hirakawa, Hiroshi Matsuno, and Norihiko Morinaga, Two simple modifications for improving IEEE802.11DCF throughput performance, IEEE Wireless Communications and Networking Conference 2004, (in CD-ROM, 6pages), 2004.

重安哲也、松野浩嗣、森永規彦、競合方式MACプロトコルにおける送信端末から2ホップ先の端末の影響、電子情報通信学会論文誌, J87-B(1), pp.93-97, 2004.

河本麻衣,重安哲也,松野浩嗣,IEEE802.11DCFにおける送信機会の不公平解決についての一考察,平成16年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集,pp.130-131, 2004.

重安哲也,松野浩嗣,隠れ端末の影響のみを評価できるシミュレーション用グラフ生成アルゴリズム,マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2003)シンポジウム論文集,pp.225-228, 情報処理学会, 2003.

松野浩嗣、石中秀幸、重安哲也、MACAにおける伝搬遅延時間とRTSパケット認識時間の影響、電子情報通信学会論文誌, J86-B(12), pp.2449-2459, 2003.

小原誠、松野浩嗣、スロットの並行割当てを行う新しい自律分散型TDMA放送計画アルゴリズム、電子情報通信学会論文誌, J86-B(6), pp.919-930, 2003.

浦上美佐子、冨岡祐司、堀康之、藤中達矢、藤井敬治、重安哲也、松野浩嗣、小型船舶を対象とした海上における無線WANの構築のための基礎実験と評価、平成15年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集、pp.449-450, 2003

平川忠之、江口俊介、重安哲也、松野浩嗣、IEEE802.11DCFにおけるRTS/CTSハンドシェイクが及ぼすアプリケーションレベルのスループットへの影響、平成15年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集、pp.255-256, 2003.

重安哲也、松野浩嗣、森永規彦、IEEE802.11マルチホップ環境下におけるAck運用の改良とその効果、平成15年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集、pp.251-252, 2003.

村井祐介、中尾紗弥香、浦上美佐子、藤井雅之、松野浩嗣、Java搭載マイクロコンピュータを用いた太陽光発電監視システムの設計、平成15年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集、pp.201-202, 2003.

平川忠之,重安哲也,松野浩嗣,IEEE802.11DCFのRTS/CTS機構におけるNAVタイマ短縮とACKパケット省略の効果,情報処理学会マルチメディアと分散処理研究報告,2003-DPS-115, pp.1-6, 2003.

平川忠之、小原誠、松野浩嗣、ルーティング再設定アルゴリズムの性能評価とコネクティビティの導入による効果、マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2002)シンポジウム論文集、pp.341-344, 情報処理学会、2002.

Tetsuya Sigeyasu, Hideyuki Ishinaka, and Hiroshi Matsuno, A relationship between densities and numbers of hidden stations of packet radio networks,Lecture Notes in Computer Science Vol.2343 (The 16th International Conference on Information Networking), pp.618-627, Springer, 2002.

小原誠、松野浩嗣、スロットの並行割り当てを行う自律分散型時分割多重放送計画アルゴリズム、電子情報通信学会無線通信システム研究会、RCS2001-66, 2001.

小原誠、松野浩嗣、時分割多重放送計画アルゴリズムのスロット割当並行化によるフレーム圧縮とその効果、2001年IEEE広島支部学生シンポジウム論文集、pp.245-248, 2001.

Hiroshi Matsuno, Hideyuki Ishinaka, Ayaka Hamanaga, A simple modification for the drastic improvement of MACA in large propagation delay situation, Proc. IEEE Wireless Communications and Networking Conference, (in CD-ROM, 5 pages), 2000.

小原誠、松野浩嗣、時間分割多重放送計画アルゴリズムの並列化によるスロット数の減少、平成12年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集、pp.218-219, 2000.

南拓也、有信明彦、松野浩嗣、パケット無線ネットワークにおける指向性アンテナの本質的効果、電子情報通信学会論文誌、J83-B(8), pp.1148-1155, 2000.

蓮池和夫、大平孝、松野浩嗣、小西聡、藤本敦、無線通信網会議WCNC2000出席報告、電子情報通信学会無線通信システム研究会, RCS2000-163, pp.31-38, 2000.

石中秀幸、松野浩嗣、隠れ端末のない状況でのMACAのスループット性能、情報処理学会研究報告、2000-DPS-96, pp.49-54, 2000.

南拓也、市村美佐子、松野浩嗣、パケット無線ネットワークにおける最適な並行送信計画を求めるアルゴリズム、電子情報通信学会論文誌、J82-B(6), pp.1151-1158, 1999.

松野浩嗣、戎井徹、安藤宏行、CTMA方式における中央局機能向上の効果、情報処理学会論文誌、39(4), pp.1049-1057, 1998.

南拓也、有信明彦、松野浩嗣、移動体環境での階層的位置管理問題のための厳密アルゴリズム、情報処理学会第56回全国大会講演論文集、(3)、pp.526-527, 1998.

市村美佐子、南拓也、松野浩嗣、パケット無線ネットワークにおける並行送信TDMA列計画問題、マルチメディア、分散、協調とモバイルワークショップ論文集、pp.209-214, 情報処理学会, 1997.

南拓也、染谷克寿、松野浩嗣、無線ネットワークにおける時分割計画問題について、電子情報通信学会コンピューテーション研究会、COMP 97(125), 17-24, 1997.

市村美佐子、南拓也、松野浩嗣、発見的な並行送信TDMA列計画アルゴリズムの精度評価、1997年電子情報通信学会総合大会講演論文集、B-5-290, 1997.

安藤宏行、松野浩嗣、CTMA方式における端末局性能とスループットの関係、1997年電子情報通信学会総合大会講演論文集、B-5-291, 1997.

南拓也、市村美佐子、松野浩嗣、無線綱における並行送信TDMA列の送信ベクトルを求めるビット演算アルゴリズム、1997年電子情報通信学会総合大会講演論文集、B-5-289, 1997.

染谷克寿、福羅充明、松野浩嗣、無線網における放送計画問題の複雑さとアルゴリズム、マルチメディア、分散、協調とモバイルワークショップ論文集、pp.203-208, 情報処理学会, 1997.

松野浩嗣、田中都子、定数次数のグラフの最大クリークを抽出するビット演算アルゴリズム、情報処理学会論文誌、37(10), pp.1869-1872, 1996.

南拓也、市村美佐子、岸本光弘、松野浩嗣、パケット無線ネットワークにおけるTDMA列決定アルゴリズム、電気・情報関連学会中国支部第47回連合大会講演論文集、pp.341-342, 1996.

戎井徹、松野浩嗣、改良型CTMA方式とその性能評価、1996年電子情報通信学会総合大会講演論文集、B-555, 1996.

戎井徹、松野浩嗣、CTMA方式における中央局機能向上の効果、マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集、pp.165-171, 情報処理学会、1996.

松野浩嗣、ある節点を含むクリークを抽出するビット演算アルゴリズム、電気・情報関連学会中国支部第46回連合大会講演論文集、pp.441-442, 1995.

 

 被災情報システム / バイオインフォマティクス / 電子メールフィルタリング
無線ネットワーク構築技術 / 言語系統データ解析 / モバイルエージェント開発

言語系統データ解析------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Ren Wu, Hideyuki Inui, Hiroshi Matsuno, New measurement of similarity of language classification, Proc. 27th International Technical Conference on Circuit/Systems, Computers and Communications, F-M2-5, Sapporo, July 16, 2012.

Ren Wu, Hiroshi Matsuno, Identifying same languages by considering similarities of language name and language classification, Proc. The 25th International Technical Conference on Circuit/Systems, Computers and Communications, pp.516-519, 2010

呉靭,松野浩嗣,木構造と文字列類似度に基づく言語の同一性判定,情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用,Vol.3, No.3,pp.24-35, 2010.

呉靭,松野浩嗣,類似度を考慮した言語の同一性判定,人文科学とコンピュータシンポジウム「じんもんこん2009」論文集,情報処理学会,pp.245 - 252,2009.

Ren Wu, Hideyuki Inui, Manabu Sugii, Hiroshi Matsuno, Language Identification for generating GIS data used in mapping linguistic features of the world's language, Proc. The 23rd International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2008), in CD-ROM, 4 pages, 2008.

呉靱、乾秀行、杉井学、松野浩嗣、Ethnologue 15th言語属性データと言語系統データの生成および言語同定における利用、コンピュータ&エデュケーション、Vol. 25, pp.70-73, 2008.

呉靭,冨永理恵,乾秀行,杉井学,松野浩嗣,オープンソース可視化ツールを用いた言語系統樹の図式表現,人文科学とコンピュータシンポジウム「じんもんこん2008」論文集,情報処理学会,pp.333-340, 2008.

呉靭, 乾秀行, 杉井学, 松野浩嗣, 言語同定の為のEthnologuel5th言語系統データーの生成について, 平成20年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.185-186, 2008.

呉靱、山本秀樹、乾秀行、杉井学、松野浩嗣、語順地図作成に必要なデータ及び語順地図に現れる語順分布、一般言語学論叢、第10号、pp.31-49, 2007.

呉靭,乾秀行,杉井学,松野浩嗣,言語研究のためのGISデータの生成について−Ethnologue GISデータを言語特徴の地図化に用いる一手法−,人文科学とコンピュータシンポジウム「じんもんこん2007」,情報処理学会,pp.253-258, 2007.

 

 被災情報システム / バイオインフォマティクス / 電子メールフィルタリング
無線ネットワーク構築技術 / 言語系統データ解析 / モバイルエージェント開発

モバイルエージェント開発---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

浦上美佐子、松野浩嗣、ライフタイムに着目したモバイルエージェントの性能特性とその評価、電気学会論文誌C(電子・システム・情報部門誌)、Vol.127-C, No.3, pp.443-453, 2007.

佐藤正行、浦上美佐子、松野浩嗣、不安定な通信環境におけるモバイルエージェント再送機能の有効性とその評価、第13回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集、情報処理学会、pp.91-96, 2005.

佐藤正行、浦上美佐子、松野浩嗣、生成数に着目したモバイルエージェント再送機能とその評価、平成17年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集、pp.242-243 , 2005. 

浦上美佐子,濱村和史,小川隼人,重安哲也,松野浩嗣,モバイルエージェントを導入した小型船舶対象海上無線LAN構築のための基礎実験,平成16年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集,pp.354-355, 2004. 

Misako Urakami, Tetsuya Sigeyasu, and Hiroshi Matsuno, Performance evaluation of mobile agents on its living time and target existing rates in servers,Proc. The 22nd International Conference on Distributed Computing Systems Workshops (The 4th International Workshop on Multimedia Network Systems and Applications), pp.341-346, IEEE Computer Society, 2002.

浦上美佐子、重安哲也、松野浩嗣、モバイルエージェントシステムのための最適なエージェント数の検討、マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2001)シンポジウム講演論文集、pp.283-288, 情報処理学会、2001.

重安哲也、三浦賢司、浦上美佐子、松野浩嗣、Java組み込み機器用モバイルエージェントシステムの設計と実装、情報処理学会第62回全国大会講演論文集、(3)、pp.445-446, 2001.

浦上美佐子、重安哲也、松野浩嗣、ネットワークシステムへのモバイルエージェントの導入と効率化、情報処理学会第62回全国大会講演論文集、(3)、pp.441-442, 2001.

重安哲也、浦上美佐子、三浦賢司、松野浩嗣、組み込み機器用モバイルエージェントシステムの設計と実装、情報処理学会研究報告、2001-DPS-101, pp.1-6, 2001.

重安哲也、三浦賢司、浦上美佐子、松野浩嗣、情報家電ネットワークへのモバイルエージェントの導入、2001年IEEE広島支部学生シンポジウム論文集、pp.165-168, 2001.

浦上美佐子、重安哲也、松野浩嗣、モバイルエージェントによる情報検索の効率化のための一考察、平成12年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集、pp.347-348, 2000.

重安哲也、浦上美佐子、松野浩嗣、モバイルエージェントを用いたデータベース並列検索スクリプトの開発、平成12年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集、pp.345-346, 2000.

市村美佐子、重安哲也、鶴田祐紀、松野浩嗣、WWW情報検索システムのモバイルエージェントによる効率化、電気・情報関連学会中国支部第50回連合大会講演論文集、pp.310-311, 1999.

 

 被災情報システム / バイオインフォマティクス / 電子メールフィルタリング
無線ネットワーク構築技術 / 言語系統データ解析 / モバイルエージェント開発


メニュー