HOME  >  研究内容  >  バイオインフォマティクス  >  バイオインフォマティクス 概要

バイオインフォマティクス

様々な研究分野にコンピュータシミュレーションによる解析がなされている。
その中でも生物学分野においては、ゲノム配列やアミノ酸配列の解析におけるシミュレーションや、膨大な情報をまとめるデータベースの利用などコンピュータの利用は不可避なものとなっており、、新たな生物学の1分野としてバイオインフォマティクスやシステムバイオロジーといった情報学と生物学の融合分野も生まれ、データベースやシミュレーションソフト等の開発が研究され、生命をシステムとして理解する試みを盛んに行われている。

 

本研究室では、大腸菌代謝経路・マウス時計遺伝子やシグナル伝達経路などの生物分野の研究室が行っている研究を、GINsimと呼ばれるシミュレーションツールやデータベース・ペトリネットなどを用いて効率化を図り、生物をシステムとして理解する研究を行っている。

 

現在進行中の研究

状態推移シミュレーションによるマウス時計遺伝子機構のシステム解析

GINsimによるトグルスイッチの表現手法の検討

遺伝子トグルスイッチのモデルとその解析

シグナル伝達経路のペトリネットによるモデル化

 

学会発表論文情報はこちら

 

リンク

山口大学理学部附属生命パスウェイ解析センター

Petri Net Pathways