HOME  >  研究内容  >  無線ネットワーク構築技術  >  学会発表論文情報(無線ネットワーク構築技術)

無線ネットワーク構築技術 学会発表論文

Tetsuya Shigeyasu, Hiroshi Matsuno, Effects of directional receiving for MAC-level broadcasting on wireless ad hoc networks, The 15th International Conference on Network-Based Information Systems (NBiS2012), accepted, 2012.

Tetsuya Shigehasu, Makoto Akimoto, Hiroshi Matsuno, New Adaptive RTS/CTS control method for reduced transmission overhead on networks with hidden terminals, Jounal of Interconnection Networks, Vol.12, No.3, pp.173-187, 2012.

Tetsuya Shigeyasu, Makoto Akimoto, Hiroshi Matsuno, Throughput improvement of IEEE802.11DCF with adaptive RTS/CTS control on the basis of existence of hidden terminals, Proc. 2011 International Conference on Complex, Intelligent, and Software Intensive Systems, pp.46-52, IEEE Computer Society, 2011.

Tetsuya Shigeyasu, Hiroshi Matsuno, Effect of adaptive RTS/CTS ON/OFF control method for mitigating transmission overhead of IEEE802.11DCF, Proc. 2010 International Conference on Broadband, Wireless Computing, Communication and Applications, pp.627-632, IEEE Computer Society, 2010.

Yoshikazu Nagai, Hiroshi Matsuno, Kakuji Ogawara, Katsumi Tadamura, Effectiveness analysis of IT-consultation in a university -Tendency of problems found in initial plans of information system introduction -, Proc. The 25th International Technical Conference on Circuit/Systems, Computers and Communications, pp.217-220, 2010.

劉雄,重安哲也,松野浩嗣,隠れ端末を考慮したスロット化CSMA 方式に関する一検討,平成22年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集,pp.357-358, 2010.

重安哲也,松野浩嗣,森永規彦,隠れ端末の危険度に基づいた衝突回避制御を行うブロードキャストプロトコル,情報処理学会論文誌,Vol.51, No.2,pp.453-465, 2010.

劉雄,重安哲也, 松野浩嗣,キャリアセンス可能端末の時分割グルーピングによる通信プロトコルの提案と評価,第18回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集,pp.57-58, 2010.

Tetsuya Shigeyasu, Hiyuu Shimizu, Hiroshi Matsuno, and Norihiko Morinaga, A Method for Synchronous Transmissions with Exposing Terminal on the Basis of Overhearing RTS Header Information, Proc. NBiS2009 (International Workshop on Information Technology for Innovative Services (ITIS 2009)), pp. 559 - 563, 2009.

Tetsuya Shigeyasu, Hiroshi Matsuno, and Norihiko Morinaga, A New Method for Improving MAC Level Broadcast Receive Ratio Using 2-Phase RTS/CTS Handshakes Sequence, Proc. NBiS2009 (The 12th International Conference on Network-Based Information Systems), pp. 580 - 585, 2009.

Tetsuya Shigeyasu, Daishi Inoue, Hiroshi Matsuno, Norihiko Morinaga, A new MAC protocol for reducting effect of needless transmission deferment induced by missed RTS/CTS handshake, Mobile Information Systems, Vol. 5, pp.21-32, 2009.

重安哲也、松野浩嗣、森永規彦、IEEE802.11DCF端末の混在環境下におけるMAC Level Fairness向上方式の提案、情報処理学会論文誌、Vol.50, No.3, pp.1156-1169, 2009.

重安哲也、松野浩嗣、森永規彦、普及型無線LAN回線を使用するリアルタイムデータ伝送システムの開発、情報処理学会研究報告、2008-DPS-136, pp.1-6, 2008.

清水飛悠, 重安哲也, 松野浩嗣, 森永規彦, 自律送信制御型無線LANにおけるさらし端末との同期並行送信方式の検討, 平成20年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.269-270, 2008.

重安哲也、松野浩嗣、森永規彦、2段階のRTS/CTS交換で隠れ端末の送信を抑制するMACレベルブロードキャスト受信率向上方式、マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集、情報処理学会、pp. 55-60, 2008.

清水飛悠、重安哲也、松野浩嗣、森永規彦、RTSのヘッダ情報を利用したさらし端末の同期並行送信方式の検討、マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集、情報処理学会、pp. 49-54, 2008.

浦上美佐子、丹羽康之、本木久也、松野浩嗣、船間無線LAN通信を用いた小型船舶対象の安心ネットワーク構築、日本航海学会論文集第119号、pp.67-74, 2008.

Tetsuya Shigeyasu, Hiroshi Matsuno, Shozo Komaki, A new broadcast method to prevent packet collisions over biased terminal arrangement, Proc. The 23rd International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2008), in CD-ROM, 4 pages, 2008.

Daishi Inoue, Tetsuya Shigeyasu, Hiroshi Matsuno, Norihiko Morinaga, A New MAC Protocol for Avoiding Needless Transmission Deferment Induced by Missed RTS/CTS Handshake, Proc. The Fourth International Workshop on Heterogeneous Wireless Networks, in CD-ROM, 6 pages, 2008.

井上大資,重安哲也,松野浩嗣,森永規彦,Cancel CTSを実装したIEEE802.11DCFの提案と性能評価,電子情報通信学会2007年ソサエティ大会(鳥取大学),B-5-142, 2007.

重安哲也,松野浩嗣,森永規彦,隠れ端末を抑制する信頼性の高いブロードキャストプロトコル,電子情報通信学会2007年ソサエティ大会(鳥取大学),B-5-142, 2007.

井上大資、重安哲也、松野浩嗣、森永規彦、Cancel CTSのIEEE802.11DCFへの実装と性能評価、情報処理学会研究報告、2007-DPS-132, pp.7-12, 2007.

重安哲也、松野浩嗣、森永規彦、隠れ端末の送信を抑制する衝突回避型ブロードキャストプロトコル、情報処理学会研究報告、2007-DPS-132, pp.1-6, 2007.

井上大資、重安哲也、松野浩嗣、森永規彦、不必要な送信延期を防ぐIEEE802.11DCF with Cancel CTSの提案、第15回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集、情報処理学会、pp.129-134, 2007.

重安哲也、松野浩嗣、森永規彦、IEEE802.11DCF端末との混在環境下におけるMAC Level Fairness向上方式の提案、第15回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集、情報処理学会、pp.43-48, 2007.

Tetsuya Shigeyasu, Hiroshi Matsuno, Norihiko Morinaga, A packet-bursting based method to improve MAC layer fairness without throughput reduction, Proc. 7th International Symposium on Communications and Information Technologies (ISCIT2007), 586-591, 2007.

重安哲也、松野浩嗣、森永規彦、隠れ端末の影響を調査するためのネットワーク生成アルゴリズムによるMACプロトコル調査、電子情報通信学会論文誌B分冊、Vol.J89-B, No.3, pp.351-360, 2006.

重安哲也,松野浩嗣,森永規彦,送信影響範囲を基準としたMACプロトコルの効率化とその評価,情報処理学会研究報告(マルチメディア通信と分散処理),Vol.2006, No.61, pp.7-12, 2006.

川崎将和,重安哲也,松野浩嗣,自律分散MACプロトコルにおける送信機会公平性の高度化に関する検討,平成18年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集,pp.64-65, 2006.

坂本佳那恵,浦上美佐子,松野浩嗣,離島の情報孤立化防止のための船舶を用いた無線LANシステムの提案,第5回アドホックネットワーク・ワークショップ:セッション2(一般講演),pp.17-20,電子情報通信学会通信ソサエティ,2006.

川崎将和,河本麻衣,重安哲也,松野浩嗣,IEEE802.11DCFにおける端末間の送信機会公平化に関する研究,情報処理学会研究報告(マルチメディア通信と分散処理),Vol.2006, No.61, pp.1-6, 2006.

Masakazu Kawasaki, Tetsuya Shigeyasu, Hiroshi Matsuno, A method for improving MAC level fairness on IEEE802.11DCF, 2nd International Conference on Wireless Communications, Networking and Mobile Computing (WiCOM2006), in CD-ROM, 4pages, 2006.

Hiroshi Matsuno, Hideyuki Ishinaka, Tetsuya Shigeyasu, Effect of propagation delay and RTS packet recognition time on MACA, Electronics and Communications in Japan, Part 1, 88(1), pp.2449-2459, 2005. (「MACAにおける伝搬遅延時間とRTS認識時間の影響」の英訳)

河本麻衣、重安哲也、松野浩嗣、フレームバースティングによるIEEE802.11の送信機会不公平解決法の提案、情報処理学会研究報告(マルチメディア通信と分散処理)、Vol.2005, No.111, pp.19-24, 2005.

宮本祐輔、浦上美佐子、兼重明宏、藤井雅之、松野浩嗣、ネットワーク対応型マイコンを用いた高専間における太陽光発電監視システムの構築、平成17年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集、pp.156-157, 2005.

川崎将和、重安哲也、松野浩嗣、伝送誤りを考慮したUDP環境下におけるIEEE802.11DCFのACK性能評価、第13回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集、情報処理学会、pp.285-289, 2005.

河本麻衣、重安哲也、松野浩嗣、MAC層における送信機会不公平問題とその自律的解決法の提案、平成17年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集、pp.244-245, 2005.

川崎将和、重安哲也、松野浩嗣、BERを考慮したIEEE802.11DCFのUDP環境下におけるACK有効性、平成17年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集、pp.240-241, 2005.

Tetsuya Shigyasu, Hiroshi Matsuno, and Norihiko Morinaga, Throughput improvement of IEEE802.11DCF in cooperation with shorted NAV method, Proc. The 8th International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications (WPMC'05), pp.1818-1822, 2005.

重安哲也,平川忠之,松野浩嗣,森永規彦,IEEE802.11DCFのACKパケットが隠れ端末に与える正負の影響,マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2004)シンポジウム論文集,pp.707-710, 情報処理学会, 2004.

浦上美佐子,重安哲也,松野浩嗣,小型船舶を対象とした海上無線LANの基礎実験と評価,マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2004)シンポジウム論文集,pp.647-650, 情報処理学会, 2004.

浦上美佐子,松野浩嗣,岩崎寛希,海上無線LANを利用した小型船舶対象の安心ネットワーク構築,日本航海学会論文集第111号,pp.173-180, 2004.

Tetsuya Sigeyasu, Tadayuki Hirakawa, Hiroshi Matsuno, and Norihiko Morinaga, Evaluation of the ACK Process in IEEE802.11DCF, The 7th International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications 2004 (WPMC04), (in CD-ROM, 5pages), 2004.

Tetsuya Sigeyasu, Tadayuki Hirakawa, Hiroshi Matsuno, and Norihiko Morinaga, Two simple modifications for improving IEEE802.11DCF throughput performance, IEEE Wireless Communications and Networking Conference 2004, (in CD-ROM, 6pages), 2004.

重安哲也、松野浩嗣、森永規彦、競合方式MACプロトコルにおける送信端末から2ホップ先の端末の影響、電子情報通信学会論文誌, J87-B(1), pp.93-97, 2004.

河本麻衣,重安哲也,松野浩嗣,IEEE802.11DCFにおける送信機会の不公平解決についての一考察,平成16年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集,pp.130-131, 2004.

重安哲也,松野浩嗣,隠れ端末の影響のみを評価できるシミュレーション用グラフ生成アルゴリズム,マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2003)シンポジウム論文集,pp.225-228, 情報処理学会, 2003.

松野浩嗣、石中秀幸、重安哲也、MACAにおける伝搬遅延時間とRTS認識時間の影響、電子情報通信学会論文誌, J86-B(12), pp.2449-2459, 2003.

浦上美佐子、冨岡祐司、堀康之、藤中達矢、藤井敬治、重安哲也、松野浩嗣、小型船舶を対象とした海上における無線WANの構築のための基礎実験と評価、平成15年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集、pp.449-450, 2003

小原誠、松野浩嗣、スロットの並行割り当てを行う新しい自律分散型TDMA放送計画アルゴリズム、電子情報通信学会論文誌, J86-B(6), pp.919-930, 2003.

平川忠之、江口俊介、重安哲也、松野浩嗣、IEEE802.11DCFにおけるRTS/CTSハンドシェイクが及ぼすアプリケーションレベルのスループットへの影響、平成15年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集、pp.255-256, 2003.

重安哲也、松野浩嗣、森永規彦、IEEE802.11マルチホップ環境下におけるAck運用の改良とその効果、平成15年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集、pp.251-252, 2003.

村井祐介、中尾紗弥香、浦上美佐子、藤井雅之、松野浩嗣、Java搭載マイクロコンピュータを用いた太陽光発電監視システムの設計、平成15年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集、pp.201-202, 2003.

平川忠之,重安哲也,松野浩嗣,IEEE802.11DCFのRTS/CTS機構におけるNAVタイマ省略とACKパケット省略の効果,情報処理学会マルチメディアと分散処理研究報告,2003-DPS-115, pp.1-6, 2003.

平川忠之、小原誠、松野浩嗣、ルーティング再設定アルゴリズムの性能評価とコネクティビティの導入による効果、マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2002)シンポジウム論文集、pp.341-344, 情報処理学会、2002.

Tetsuya Sigeyasu, Hideyuki Ishinaka, and Hiroshi Matsuno, A relationship between densities and numbers of hidden stations of packet radio networks,Lecture Notes in Computer Science Vol.2343 (The 16th International Conference on Information Networking), pp.618-627, Springer, 2002.

小原誠、松野浩嗣、スロットの並行割り当てを行う自律分散型時分割多重放送計画アルゴリズム、電子情報通信学会無線通信システム研究会、RCS2001-66, 2001.

小原誠、松野浩嗣、時分割多重放送計画アルゴリズムのスロット割当並行化によるフレーム圧縮とその効果、2001年IEEE広島支部学生シンポジウム論文集、pp.245-248, 2001.

Hiroshi Matsuno, Hideyuki Ishinaka, Ayaka Hamanaga, A simple modification for the drastic improvement of MACA in large propagation delay situation, Proc. IEEE Wireless Communications and Networking Conference, (in CD-ROM, 5 pages), 2000.

小原誠、松野浩嗣、時間分割多重放送計画アルゴリズムの並列化によるスロット数の減少、平成12年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集、pp.218-219, 2000.

南拓也、有信明彦、松野浩嗣、パケット無線ネットワークにおける指向性アンテナの本質的効果、電子情報通信学会論文誌、J83-B(8), pp.1148-1155, 2000.

蓮池和夫、大平孝、松野浩嗣、小西聡、藤本敦、無線通信網会議WCNC2000出席報告、電子情報通信学会無線通信システム研究会, RCS2000-163, pp.31-38, 2000.

石中秀幸、松野浩嗣、隠れ端末のない状況でのMACAのスループット性能、情報処理学会研究報告、2000-DPS-96, pp.49-54, 2000.

南拓也、市村美佐子、松野浩嗣、パケット無線ネットワークにおける最適な並行送信計画を求めるアルゴリズム、電子情報通信学会論文誌、J82-B(6), pp.1151-1158, 1999.

松野浩嗣、戎井徹、安藤宏行、CTMA方式における中央局機能向上の効果、情報処理学会論文誌、39(4), pp.1049-1057, 1998.

南拓也、有信明彦、松野浩嗣、移動体環境での階層的位置管理問題のための厳密アルゴリズム、情報処理学会第56回全国大会講演論文集、(3)、pp.526-527, 1998.

市村美佐子、南拓也、松野浩嗣、パケット無線ネットワークにおける並行送信TDMA列計画問題、マルチメディア、分散、協調とモバイルワークショップ論文集、pp.209-214, 情報処理学会, 1997.

市村美佐子、南拓也、松野浩嗣、発見的な並行送信TDMA列計画アルゴリズムの精度評価、1997年電子情報通信学会総合大会講演論文集、B-5-290, 1997.

南拓也、染谷克寿、松野浩嗣、無線網における時分割計画問題について、電子情報通信学会コンピューテーション研究会、COMP 97(125), 17-24, 1997.

安藤宏行、松野浩嗣、CTMA方式における端末局性能とスループットの関係、1997年電子情報通信学会総合大会講演論文集、B-5-291, 1997.

南拓也、市村美佐子、松野浩嗣、無線網における並行送信ベクトルを求めるビット演算アルゴリズム、1997年電子情報通信学会総合大会講演論文集、B-5-289, 1997.

染谷克寿、福羅充明、松野浩嗣、無線網における放送計画問題の複雑さとアルゴリズム、マルチメディア、分散、協調とモバイルワークショップ論文集、pp.203-208, 情報処理学会, 1997.

松野浩嗣、田中都子、定数次数のグラフの最大クリークを抽出するビット演算アルゴリズム、情報処理学会論文誌、37(10), pp.1869-1872, 1996.

南拓也、市村美佐子、岸本光弘、松野浩嗣、パケット無線ネットワークにおけるTDMA列決定アルゴリズム、電気・情報関連学会中国支部第47回連合大会講演論文集、pp.341-342, 1996.

戎井徹、松野浩嗣、改良型CTMA方式とその性能評価、1996年電子情報通信学会総合大会講演論文集、B-555, 1996.

戎井徹、松野浩嗣、CTMA方式における中央局機能向上の効果、マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集、pp.165-171, 情報処理学会、1996.

松野浩嗣、ある節点を含むクリークを抽出するビット演算アルゴリズム、電気・情報関連学会中国支部第46回連合大会講演論文集、pp.441-442, 1995.