HOME  >  Research  >  被災情報システム  >  自律的無線ネットワークを用いた被災情報共有システム

自律的無線ネットワークを用いた被災情報共有システム

Researcher:Rirei Kuroshima

研究背景

災害発生後、被災地における被災者支援活動には被災地域住民の情報が必要となる。この情報は、遠方に住む被災者の親類、知人に必要とされるだけでなく、被災地域での特に救助活動を必要とする地区の特定や救援物資を準備するための有益な情報となる。そのため、災害発生時には、迅速かつ確実に被災者の情報を得る手段が必要となる。

このような状況下において、災害後の被災情報を無線通信によって伝達するシステムは多く開発されてきたが、その多くは既存の無線回線を用いるため、災害のダメージを受けると通信の確保が行えない可能性がある。

研究目的と内容

そこで松野研究室では、他大学や企業と連携して、図1に示すような無線LANを用いた自律的な通信網を地域住民が自ら設置し、平常時から利用することで、災害発生後ダメージを受けても住民自身で復旧することができるシステムの開発を行っている。

また、発展したテクノロジーを使用するのは人であるため、ICTの災害時利用にはその平常時利用が重要であるため、電子回覧板システムや観光情報提供システム、地域住民が使用するSNSなどの被災情報共有用無線ネットワークの平常時利用を行うシステムの開発も行っている。

図1:無線ネットワークの構成図


MENU