サイト内検索: 詳細検索


メニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  発表論文

発表論文

大瀧 龍、重安 哲也、浦上 美佐子、松野 浩嗣:自律的無線ネットワークを用いた被災情報提供システム―被災地域の地形を考慮した無線ノード置局アルゴリズムの提案―,情報処理学会論文誌,Vol.52, No.1,pp.308 - 318, 2011.

秋元 誠,重安 哲也,森永紀彦,隠れ端末の存在を考慮した適応的なRTS/CTS制御の導入,第61回電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集,pp. 355 - 356,2011.

亀川誠,藤川昌浩,浦上美佐子,松野浩嗣,自律的無線ネットワークによる被災情報提供システム〜安否情報の入力・交換・閲覧機能の実装と評価〜,第18回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集,情報処理学会,pp.49-50, 2010.

村上ひとみ、浦上美佐子、松野浩嗣、避難所実態調査と地震被害想定からの防災課題--山口県柳井市の事例、東濃地震科学研究所報告、Vol. 2009-3, No.24、pp.97-102, 2009.

印南聡、浦上美佐子、亀川誠、重安哲也、松野浩嗣、避難所間における被災情報共有化手法に関する一考察、平成21年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集,pp.232-233,2009.

大瀧龍、重安哲也、浦上美佐子、松野浩嗣、被災情報提供システムにおける2階層ネットワーク導入による通信コスト削減効果に関する一考察、平成21年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, pp.236-237,2009.

浦上美佐子,印南聡志,亀川誠,重安哲也,松野浩嗣,避難所間における被災情報共有化システムの提案,第17回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集,pp.123-124, 2009.

大瀧龍,重安哲也,浦上美佐子,松野浩嗣,被災情報提供システムにおける2階層ネットワークモデルの通信・機器設置コスト減少の効果,第17回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集,pp.177-182, 2009.

亀川誠,藤川昌浩,浦上美佐子,松野浩嗣,自律的無線ネットワークによる被災情報提供システム〜安否情報入力用インターフェイスの実装と評価〜,第17回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集,情報処理学会,pp.113-114, 2009.

亀川誠,藤川昌浩,浦上美佐子,松野浩嗣,自律的無線ネットワークによる被災情報提供システム〜情報入力と情報交換のためのソフトウェア開発〜,第16回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集,情報処理学会,pp.245-246, 2008.


Misako Urakami, Satoshi Innami, Makoto Kamegawa, Tetsuya Shigeyasu, Hiroshi Matsuno, Wireless distributed network system for relief activities after disasters -- A field experiment for channel setting and a system for information exchange among shelters --, Proc. 2010 International Conference on Broadband, Wireless Computing, Communication and Applications, pp.260-267, IEEE Computer Society, 2010.

Misako Urakami, Yuya Okada, Yasuyuki Niwa, Hisaya Motogi, and Hiroshi Matsuno, Construction of Wireless Network for Information Communication for a Disaster-affected Island, Proc. IEEE 24th International Conference on Advanced Information Networking and Application Workshop, IEEE Computer Society Press, pp.727-732, 2010.

Misako Urakami, Keiji Fujii, Mitsuhiro Kota, Hiroshi Matsuno, A design of reduced data representation for information sharing in the disaster-affected area, Proc. 2nd International Workshop on Disaster and Emergency Information Networking Systems, pp.856-861, 2009.

Tetsuya Shigeyasu, Misako Urakami, Hiroshi Matsuno, Wireless distributed network system for relief activities after disasters - A construction policy of heterogeneous network architecture -, Proc. 2nd International Workshop on Disaster and Emergency Information Networking Systems, pp.862-867, 2009.

添付ファイル(0)
プリンタ用画面
前
H22報告書
カテゴリートップ
TOP
次
広報

イベント紹介
Copyright (C) 2008-2011 Matsuno Laboratory,Faculty of Science, Yamaguchi University All Rights Reserved.
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme Desinged by OCEAN-NET